それぞれのライフスタイルにあったプランで住みよい、個性ある住まいづくり。  
       
  日本の木造建築の伝統を受けついだ軸組み工法は、自由度の高い工法です。  
       
  無垢材の床や天井、漆喰の壁、温かみのある和紙、日本風土に合った自然素材。  
       
  地震に強い家づくり、地震大国日本には欠かせない安心構造です。  
       
  自然素材やVOC放出量のきわめて少ない建材を使用しています。  
       
  住まいづくりの第一歩。地耐力調査を実施し地盤に適した基礎設計を行います。  
       
  誰にでもやさしく使いやすい、安全で住みやすいデザインです。  
       
  設備機器・内装材・外装材・ご予算やお好みに応じてお選びいただけます。  
       
  家を建てるには、やはり同じ風土で育った地元の良材・西川材が最適。  
     
         
       
       
       
             
             
         
     
 


埼玉県の南西部、荒川支流の流域は西川林業地と言われ古くから良質なスギやヒノキを育んできました。
産地である飯能市・日高市・毛呂山町・越生町にまたがった山間部は一年の平均気温12〜14℃、平均降水量1,700〜2,000mm年間を通して比較的温暖で地質にも恵まれスギやヒノキの育成に適しています。

江戸時代、切り出した木材を筏に組んで川を下って江戸まで運んでいたことから西の川から来る良い木材=「西川材」と呼ばれるようになりました。

   
             
             
 

 

 


プレカット加工とは、木造住宅の柱や梁の継ぎ手、仕口を従来は手工具で加工していたものを機械で行なう技術です。コンピューター制御による精度の高いミリ単位の加工技術、プレカットシステムにより、均質かつ高品質で、より安定した構造体を実現しました。良質な地元・西川材と耐久性の高い家づくり、「木間々の家」をご提案します。